Latest / 最新

日本語教育における卒業論文作成のサポート ー自律学習支援の観点からー(中東欧日本語教育研修会2017)

日本語教育における卒業論文作成のサポート ー自律学習支援の観点からー(中東欧日本語教育研修会2017)

内川かずみ ハンガリー エトヴェシュ・ロラーンド大学(ELTE)  本発表は、日本語授業の中に学習者の卒業論文作成のサポートを自律学習支援的に取り入れることを提案するものである。まず、自律学習の意義に関する発表者の意見を述べる。次に、日本語授業で卒業論文作成のサポートをする理由を説明する。最後にその方法を提案する。  卒業論文の作成はもともと自律的に取り組むものだと考えられる。学習者ごとにテーマが違うため、自分で計画を立て、資料を集め、研究を進めなければならないからである。しかし、ボローニャ・プロセスにより他の多くの大学同様、弊学でも学生はそれまでの5年間から3年間で卒業論文を執筆しなければならないようになり、多くの学生は時間に追われてよい研究が目指せず、締切に間に合わせるのが精一杯というのが現状である。  青木(2010)では自律学習を助けるための条件として①学習の計画・実行をサポートするツール(例:日本語ポートフォリオ)、②学習者が学び方を学ぶためのサポートをするアドバイジング、③学習に必要なリソースに自由にアクセスできる場 を挙げている。発表者はそれを卒業論文執筆のサポートに応用しつつ、日本語能力も伸ばしたいと考えた。例えば『日本語ポートフォリオ 改訂版』(青木2006)を参考に日本語授業で使うための卒業論文ポートフォリオを作成したので、発表で紹介したい。
クラス文脈における学習者の同僚性とオートノミー(中東欧日本語教育研修会2017)

クラス文脈における学習者の同僚性とオートノミー(中東欧日本語教育研修会2017)

若井誠二 ハンガリー カーロリ・ガーシュパール・カルビン派大学日本学科 中田(2011)は教師が自分の置かれている立場や自分自身について知り、自分自身が納得するやり方やペースで、学習者オートノミーを促進する仕掛けや支援を工夫しつづけることを「教師オートノミー」と定義している。その上で、日本の英語教師は学習者オートノミーの重要さについて理解はしているものの、教師オートノミーが持つ①学習者がどうなればいいのか理解できる、②自分自身に何が足りないのか知り、それを克服するため他者と議論ができる、③十分な英語能力、という3つの特徴が備わっていないと指摘している。中田はこの現状を変える手立てとして「同僚性の構築」の重要性を主張している。本発表ではまず中田の主張する教師オートノミーと同僚性の関係、同僚性構築のためのアプローチについて説明する。次に中田の定義する「学習者オートノミー」を参考に、学習者オートノミーを育てるためには教師オートノミー同様「学習者のクラスメートとの同僚性構築」が効果的手立てとなる点を指摘する。最後に「学習者の同僚性構築」における教師の立ち位置について触れる。
日本語コースの振り返り ― 学習者オートノミーと教師の役割を考える ― Katarina Sukelj (中東欧日本語教育研修会2017)

日本語コースの振り返り ― 学習者オートノミーと教師の役割を考える ― Katarina Sukelj (中東欧日本語教育研修会2017)

日本語コースの振り返り ― 学習者オートノミーと教師の役割を考える ― Katarina Sukelj クロアチア Enbe language school and University of Zagreb, Faculty of Humanities and Social Sciences  学習者オートノミーの育成と教師の役割を中心に、私立語学学校で担当してる日本語コースの反省について発表します。まず、担当している日本語コースについて(機関、期間、設備など)と学習者の特性(年齢、職業、期間、ニーズ、学習目標など)について説明します。次に、学習者の自律性を育成しようとする具体的な教室活動を挙げ、限界と問題点を述べます。最後に、私立語学学校のため適切な学習者オートノミー育成改善例を具体的に提示したいと思っています。
ルーマニアにおける日本語学習者のオートノミー(ヒペリオン大学を例に) 中東欧日本語教育研修会2017

ルーマニアにおける日本語学習者のオートノミー(ヒペリオン大学を例に) 中東欧日本語教育研修会2017

ルーマニアにおける日本語学習者のオートノミー(ヒペリオン大学を例に) Andreea SION (シオン・アンドレア) ルーマニア Hyperion University (ヒペリオン大学)  インターネットへのアクセスが益々容易になっている現在の時代では、外国語を自律的に習得することも容易になっているが、学習のプロセスをスピードダウンしてしまう、「危険」な要因も存在している。  本発表では、ヒペリオン大学の日本語学科に所属している1・2・3年生の学生の教室内・教室外の活動を観察し、学習オートノミーに関わる活動を取り上げ、効果的及び効果的でないと考えられる側面を分析する。  また、ヒペリオン大学の学生たちから得られたデータ(アンケート、ディスカッション)に基づき、「学習者本人」と「学習オートノミー」との(本人が思う)関係に注目し、本人がどの程度、どのように自律的な学習の意識を持って折るかを考察する。  最後に、学習者の学習オートノミーを上達させるために、教師側からどのタイプの指導が必要なのかを考える。
JF講座総合日本語クラスにおけるポートフォリオ実践を振り返る―自律的学習能力の養成を目指して― 大室 文 (中東欧日本語教育研修会2017)

JF講座総合日本語クラスにおけるポートフォリオ実践を振り返る―自律的学習能力の養成を目指して― 大室 文 (中東欧日本語教育研修会2017)

JF講座総合日本語クラスにおけるポートフォリオ実践を振り返る―自律的学習能力の養成を目指して― 大室 文 ハンガリー 国際交流基金ブダペスト日本文化センター  国際交流基金ブダペスト日本文化センターで開講している日本語講座(JF講座)では2011年度より総合日本語クラスにおいてポートフォリオを利用している。ポートフォリオを導入している目的の一つは、学習者の自律的学習能力を養成するためである。現在のJF講座のポートフォリオは、「日本語学習の目的」「自己評価表」「言語・文化体験の記録」「まとめとふりかえり」の各シートと成果物等を入れる袋で構成されている。受講生がポートフォリオに取り組んでくれるよう、これまでもコーディネーターを中心に見直し、試行が繰り替えされてきたが、うまく利用できているとは言い難い状況である。そこで、よりよい運用に向けて改善点を探るべく、受講生および担当講師がJF講座のポートフォリオの取り組みをどのように捉えているのか、今年度前期終了時に両者に対してアンケートを実施する。  本発表では、まずJF講座におけるポートフォリオのこれまで取り組みを振り返る。そして受講生および担当講師へのアンケート調査結果をもとに、自律的学習能力の養成に向けた、今後のポートフォリオ実践について考察する。
「多様化する学習環境に適応したコースデザイン」 松野直行 イレーナ・スルダノヴィッチ (中東欧日本語教育研修会2017)

「多様化する学習環境に適応したコースデザイン」 松野直行 イレーナ・スルダノヴィッチ (中東欧日本語教育研修会2017)

「多様化する学習環境に適応したコースデザイン」 松野直行 イレーナ・スルダノヴィッチ クロアチア ユライ・ドブリラ大学プーラ 海外において日本語に興味を持ち学習したいという時期、理由はそれぞれ異なる。情報技術の発達により、興味を持つ機会が増えるとともに、多様な学習環境へのアクセスも簡単になってきている。入学時点でばらつきがある場合、いかにフレキシブルな対応ができるかが課題となる。 プーラ大学では、自立学習を積極的に推奨し、アドバンテージをいかせるコース設計を目指している 。その中心となるのが「日本語・日本文化学習支援のオンラインリソース」の講義で1年次前期に週1回設定している。この講義の目的は、学習者に学習を支援するオンラインリソースを紹介し、それらを活用した学習・自律学習の可能性を示し・身に付けさせることである。また、今年度から、「課外授業」をプログラムに取り入れ、学生たちが目的・興味・能力などに合った内容の選択ができ、その結果、単位を取れるようになっている。 成果としては、授業が広く自立学習リソースの情報交換の場となり、必要に応じた情報に接触できることが学習への意欲向上につながっている。課題としては、自分の不得手部分や、何が適当なリソースなのか判断できない場合、どのような形でフォローすべきかなど学習者に適応したリソース選択方法があげられる 。
『学生を主体とした日本語課外活動「ベオグラード大学 部活」の実践報告』JFBPオンライン日本語教師研修

『学生を主体とした日本語課外活動「ベオグラード大学 部活」の実践報告』JFBPオンライン日本語教師研修

ゲスト講師:ベオグラード大学言語学部 東洋学科 日本語・日本文学専攻課程 客員講師 高見あずさ先生 1.多読 2.日本語会話クラブ 3.書道 事後アンケートはこちらです。 https://goo.gl/forms/wwuI67QIoqvrF9Er1
ワルシャワ日本語学校マンガワークショップ

ワルシャワ日本語学校マンガワークショップ

2017年1月28日 ワルシャワ日本語学校 教科書Dokidoki マンガ専任 漫画家:小林奈未
ハンガリーの冒険家、エメシェ・ベルタさんインタビュー!

ハンガリーの冒険家、エメシェ・ベルタさんインタビュー!

2017/01/07 にライブ配信 【エメシェ・ベルタさんってどんな人?】 身分(大学生? 高校生? 社会人?) 住んでいる国や町 【日本語を勉強しようと思ったきっかけは?】 アニメ?武道?文学? 【日本語の勉強を始めて、最初にしたことは?】 【冒険の仲間は?】 日本語を勉強している仲間や、話し相手の日本人はいますか? どうやってみつけましたか? 【冒険の地図は?】 日本語を勉強するための教科書は使いましたか。 初級 中級 【そんな装備で大丈夫か?】 日本語の勉強に使っているアプリ、ウェブページなど Anki? Lang-8? 【モンスターは?】 日本語を勉強していて、困ることはありますか? 【情熱は?】 多くの独習者は途中で勉強をやめてします。あなたが勉強を続けるために持っていた情熱は何ですか? 【外国語教師はもう必要ないと思いますか?】 【他の冒険家にアドバイスをお願いします】
「チェコとインドネシア間のスカイプ会話プロジェクト(仮)」JFBPオンライン日本語教師セミナー

「チェコとインドネシア間のスカイプ会話プロジェクト(仮)」JFBPオンライン日本語教師セミナー

2017/01/28 にライブ配信 ゲスト講師:マサリク大学日本研究学科 Jura Matela先生 ご覧になった皆様は、アンケートにご協力ください。https://goo.gl/forms/XXBaHzLpWzf7Q3fd2

Japanese Language Education Event Calendar
日本語教育関連イベント・カレンダー

contact us / お問い合わせ