Information Sharing / 情報共有掲示板

19.06.2017

 中東欧の日本語教育を支えてくださっている皆様、いつもありがとうございます。 【『まるごと 日本のことばと文化』を中心に「夏」に関するコンテンツを探してみよう!】  前回に引き続き、『まるごと 日本のことばと文化』などのコンテンツを授業に活用するという視点で、今回は「夏」にちなんだコンテンツを探してみようと思います。  日本では6月後半までに、北海道を除くほとんどの地域が梅雨入りとなり、鬱陶しい季節とその後の暑い夏が訪れることになります。ヨーロッパに来て感じるのは、このような季節の変化と、暑さの質がまったく異なるということです。中国や韓国で生活していたときも、やはり異なる感じがしましたから、それ以外の地域では推して知るべしです。  そこで、『まるごと』のテキストで季節の話題がいつ出てくるのか調べてみたところ、初出は「入門(A1)」トピック6の第12課でした。第12課の最初のページには「夏まつり花火大会」と書かれた写真が目立ちますし、次のページを開けると7月の「ジャパンフェスティバルイベントカレンダー」に「はなび」と「まつり」が載っています。そして、トピック6の最後の「生活と文化」のページが「日本のきせつのイベントとしゅくじつ」になっていて、夏については、「はなびたいかい」、「ぼんおどり」、「かいすいよく」、「7月第3月曜日 海の日」の語が見られます。  一方、ウェブ上の「まるごと+」では、トピック6の「トピック・Can-do」の中には直接の言及がないのですが、「せいかつとぶんか」のページには、「春と夏のイベント」(www.a1.marugotoweb.jp  「WEB版 エリンが挑戦!にほんごできます。」の「祭り(見てみよう 15課)」(www.www.erin.ne.jp  次のリンク先の「JAPAN WEB MAGAZINE」の中から「日本の夏」(www.japan-web-magazine.com  「Web Japan」の「Japan Video Topics」(www.web-japan.org Vacation」、「Summer」は間違いなく夏のトピックです。この動画は、日本語以外に、英語、フランス語、スペイン語、中国語、アラビア語、ポルトガル語に対応しているので、学習者は初級の段階でも様々な言語で内容を理解することができます。  『まるごと』の「初級1(A2)」になると、トピック2が「きせつと てんき」ということで、本格的に季節のテーマを扱います。Can-doとしても、「きせつの へんかについて かんたんに 話します」と「すきな きせつと そのりゆうを かんたんに 話します」ということで、話せる内容の幅も広がってきます。夏に関していえば、「東京のへいきん」ということで、8月の30.8℃という平均気温が示されており、「あじさい」、「つゆ」、「むしあついです」、「たんぼ」、「なつ」、「とてもあついです」、「はなび」、「せみ」、「ひまわり」、「すいかわり」、などの表現が一部写真付で示されています。  一方、ウェブ上の「まるごと+」では、トピック2の「かいわ」の中には特に夏の風物は登場しないのですが、「せいかつとぶんか」のページでは、「「すずしい」なつ」(www.a2.marugotoweb.jp  風鈴の音については、「トライ!日本の夏~風鈴~」(www.a2.marugotoweb.jp  さらに、「投稿!-MY CASE-研究所編」(www.a2.marugotoweb.jp  また、暑さ対策については、「投稿!-MY CASE-世界編」(www.a2.marugotoweb.jp  『まるごと』の「初級2(A2)」では、トピック3が「沖縄旅行」、トピック4が「日本まつり」ということで、若干夏に関係した内容も出てきます。また、トピック5で「とくべつな 日」には「たなばた」が紹介されていて、ねがいごとの書き方なども練習できるようになっています。ただし、「初級2(A2)」以上は、残念ながら現時点では「まるごと+」が対応していないので、ウェブ上のコンテンツは音声しか手に入れることができません。  トピックやレベルに合ったコンテンツを探すことはなかなか難しいものですが、「夏」に関する初級レベルの素材は「まるごと+」にいろいろと含まれているので、季節に合わせてこれらを活用していただければと思います。