日本語コースの振り返り ― 学習者オートノミーと教師の役割を考える ― Katarina Sukelj (中東欧日本語教育研修会2017)

28.02.2017

日本語コースの振り返り ― 学習者オートノミーと教師の役割を考える ―
Katarina Sukelj
クロアチア
Enbe language school and University of Zagreb, Faculty of Humanities and Social Sciences
 学習者オートノミーの育成と教師の役割を中心に、私立語学学校で担当してる日本語コースの反省について発表します。まず、担当している日本語コースについて(機関、期間、設備など)と学習者の特性(年齢、職業、期間、ニーズ、学習目標など)について説明します。次に、学習者の自律性を育成しようとする具体的な教室活動を挙げ、限界と問題点を述べます。最後に、私立語学学校のため適切な学習者オートノミー育成改善例を具体的に提示したいと思っています。