JF講座総合日本語クラスにおけるポートフォリオ実践を振り返る―自律的学習能力の養成を目指して― 大室 文 (中東欧日本語教育研修会2017)

28.02.2017

JF講座総合日本語クラスにおけるポートフォリオ実践を振り返る―自律的学習能力の養成を目指して―
大室 文
ハンガリー
国際交流基金ブダペスト日本文化センター
 国際交流基金ブダペスト日本文化センターで開講している日本語講座(JF講座)では2011年度より総合日本語クラスにおいてポートフォリオを利用している。ポートフォリオを導入している目的の一つは、学習者の自律的学習能力を養成するためである。現在のJF講座のポートフォリオは、「日本語学習の目的」「自己評価表」「言語・文化体験の記録」「まとめとふりかえり」の各シートと成果物等を入れる袋で構成されている。受講生がポートフォリオに取り組んでくれるよう、これまでもコーディネーターを中心に見直し、試行が繰り替えされてきたが、うまく利用できているとは言い難い状況である。そこで、よりよい運用に向けて改善点を探るべく、受講生および担当講師がJF講座のポートフォリオの取り組みをどのように捉えているのか、今年度前期終了時に両者に対してアンケートを実施する。
 本発表では、まずJF講座におけるポートフォリオのこれまで取り組みを振り返る。そして受講生および担当講師へのアンケート調査結果をもとに、自律的学習能力の養成に向けた、今後のポートフォリオ実践について考察する。