「日本語教育通信」3月分

3月1日(火)付けで、「日本語教育通信」の以下の記事を公開しましたのでお知らせいたします。

●授業のヒント:
学習者の「気づき」を大切にしてみませんか ―文法を教える時の一工夫―
(清水 まさ子/日本語国際センター専任講師)
https://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/tsushin/hint/202203.html

今回は、文法を教える時に「説明ばかりで、授業に面白みがない」「学習項目の定着が悪い」と
悩んでいる先生に役に立つヒントをお届けします。
学習者の気づきを促す活動例や、授業に取り入れる際のポイントをご紹介していますので、
ぜひご活用ください!

◆日本語教育通信URL(ぜひブックマークにご登録ください!)◆
https://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/tsushin/index.html

「日本語教育通信」は、日本語教育に関する情報を発信するウェブページです。
毎月1回、日本語教師をおもな対象として、日本語教育情報や、授業のアイデア等を提供しています。